ブリヂストン90・・・・エンジン整備Vol.2
前回は・・エンジンを降ろす所までの公開でした・・・・

d0326610_0555352.jpg


エンジンに汚れは有るものの・・・走行距離8千キロ相応の様子で

過去に開けられた様子は・・見えませんね





d0326610_0575520.jpg


シリンダー及びピストンのカーボン堆積は意外と少なめです

もしかしたら、ヘッドだけは開けられてる??・・・・かも??

d0326610_059685.jpg


シリンダー及びピストンの傷も特に・・問題無いレベルです

むしろ・・・非常に状態が良い・・とも、言えますね049.gif

これですと、シリンダーのボーリング作業は必要なさそう・・・なので・・・

大分、安上がりに終わりそうです

d0326610_104440.jpg


分解は・・シンプルそのもので・・此処までは、珍しくもスムーズに進みます・・

d0326610_122229.jpg


クラッチリフターは、プラスチック製のようですが・・コレも割れが見受けられません

クラッチ盤も・・・異常なし・・・で、拍子抜けするくらいですが・・・

後の確認で、ディスク内部の鉄ディスク側には・・チョット錆が多いようです・・・

オイルが乳化していることから・・・若干、水分と混じった様子が見受けられますね

d0326610_142118.jpg


このエンジンは・・・昭和39年(1964)9-9製造のようです

2020年も再び東京でオリンピックが開催されますが

第18回東京オリンピック開催の年ですね・・・

製造から・・・既に、49年経って居るのですが、その割りに

状態は良くて、オイル交換もきちんとされてい居た雰囲気です・・・

d0326610_18311.jpg


クラッチをバラすと・・・ミッションのチェンジドラムが見えます

何となく、カブに似ている構成です・・・

此処で難儀したのが、クランクに取り付けられているギヤの取り外しでした

この固定ナットが特殊で・・・・・30分程・・スッタモンダです・・・・

d0326610_1141411.jpg


結局コレは・・・ソケットを加工して、四つ爪のSSTレンチを作る羽目になるのだが

これで、あっさりと分解出来ました・・・・・

d0326610_118618.jpg


吸気の心臓部で有る・・ロータリーディスクが見えて来ました!!

コレ、材質がベークライト製のようで、厚みが2ミリ程でした・・・

現代のカーボンファイバーで作ったら・・かなりパワフルなエンジンに成りそうですが

改造目的では無いので・・・大人しく、コレは・・・このままです・・・

此処で、部品が無い・・と、思われる ダブルリップのオイルシールですが

裏側のスプリングが半分脱落した状態で・・・・付いていました・・・

それ故に、シール部分にスプリング痕が癖になって残ってしまってます

オイルシール&ベアリングは全て新品交換予定なのですが

このダブルリップのオイルシールだけは(1箇所)・・今となっては入手不可能の

サイズです・・・どうしましょう??・・・再生するには、コレが 一番やっかい だったりします

d0326610_124021.jpg


そして・・・いよいよ・・・ケース分解です・・・

開けると・・以外に・・・酷いかも・・・・しれない・・状態でした・・・・

かなりの・・・水分が・・入って、オイルと混じったかも??・・・・

d0326610_1404592.jpg


憶測ですが、極寒の地だった為に・・・半年程乗れない、冬の間の温度変化で

結露が発生して・・内部に水分が発生したのでは??・・・

或いは、雨で・・ケースの何処からか・・水が入った??

d0326610_1492644.jpg


しかし、今年は、昨年末から始まった、未公開のピジョンc111

腰上分解と発電系統と車体廻りの整備から始まって

ジュノオに続き・・ブリヂストンまでエンジン分解するとは

かなり・・・不幸な??・・・年になりそうです007.gif・・

d0326610_213783.jpg


そして、あっさりとクランク・・摘出完了です・・・

ブログでは・・結構・・・時間が掛かっているように見えますが

特殊ナット用のSSTを作った時間も含めても・・・エンジン降ろし作業込みで約2時間でした・・・・

作業手間賃は、今回も牛丼かも??なので・・もう・・・・自棄です031.gif

問題のクランク両端のベアリングは・・・ケースに嵌ったままですが

コンロッド大端部のニードルベアリングには、今の所

ガタ&異音は無い様子ですから

今回は、クランク分解はしなくてもよさそうですね・・・ホッ・・・・

d0326610_294018.jpg


取り敢えずは、異音の元である・・クランクベアリングを撤去です・・・

外すと・・・かなりの、ガリガリ君(ポタージュ)でした・・・・・

その後・・・ベアリング&オイルシールを手配する予定なのですが

部品が無いダブルリップのオイルシールをどうするか??・・・途方に暮れます

取り敢えず・・・・綺麗に磨く事までは、しないが、必要最低限に

泥とかオイル汚れのケースを洗浄しながら・・・用意出来るまで、時間潰しです・・・

多分・・・次回も続く・・・と思う・・・
[PR]
by popM85 | 2013-10-27 02:17 | スクーター&バイク全般
ウンチクが多い旧車バイクなどガラクタ修理徒然日記です
by popM85
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
画像一覧
最新のコメント
八さま・・・ お久..
by popM85 at 22:35
惜しさしぶりですね 元..
by 大田の八 at 07:38
DT1親爺 様 コ..
by popM85 at 18:17
おめでとうございます。生..
by DT1親爺 at 16:44
会長さま・・・ 人..
by popM85 at 05:38
人生、長い間には色々な事..
by 会長 at 02:12
太田の八さま・・・ ..
by popM85 at 21:37
おひさです サラリーマ..
by 太田の八 at 08:06
DT1親爺様・・・ ..
by popM85 at 22:43
お久しぶりです、兄も心配..
by DT1親爺 at 20:36
> ガバチョさん 当方..
by popM85 at 22:25
↑わかりました。
by ガバチョ at 21:17
はじめまして。ガバチョと..
by ガバチョ at 09:34
bata373 さま・・..
by popM85 at 07:32
こんにちは! 先日はお..
by bata373 at 11:05
外部リンク