やりたくないのに・・勝手に・・持ち込まれたシグナス180
ある方から、不動のヤマハ シグナス180の話は以前から聞いていたのですが

この手のスクーターは、コンパクト設計ゆえに・・・・作業効率が悪いのが玉に瑕です

はっきり言って・・・商売でもない作業は・・色々と持ち出しになるので

やらない・・と、丁重にお断りしていたのだが・・・

d0326610_0171344.jpg


本人では、どうにも手に負えない・・らしく・・・いきなり持ち込まれました・・・・

遠い所??・・・からわざわざ来て・・帰れ・・とは言えませんので

仕方なく、初日は二人作業で、パンク原因のリヤタイヤのバルブゴムを交換したり

外装を剥がしたり・・・します・・・・








d0326610_024040.jpg


そして・・不動のエンジンを蘇生すべく・・キャブレターの分解ですが

・・・これが、思った通り・・・凄いゴムパイプの数で・・・外すだけで・・・もう大変!!

d0326610_026192.jpg


結局、午後から二人作業したこの日は・・・

狭い場所に押し込まれた、キャブを無理やり外して・・時間切れです

d0326610_0321215.jpg


二人作業の時は・・・ばらすのに一生懸命ですから・・写真なしですが

コレだけパイプが有ると・・・どれが、どこに、刺さっていたか??・・迷路の如く

外してしまった後では・・・全然判りません・・・

サービスマニュアルが有れば最高なんですが・・・・無し・・・

・・・けど・・・組むときは、硬化してるパイプの長さと、太さ、接続先部品関係を

考えれば・・意外と、簡単に組むことが出来ましたが・・・・今時の新車だと、そうは行かない??

d0326610_035917.jpg


エンジンが不動なのは・・・キャブレターが原因ですが・・・・

結構な汚れ具合で・・・写真では、二人作業時に粗方汚れを落としたので

判らないですが・・・・青カビというか・・・藻が発生していました・・・

何年寝かせれば・・そのようになるのか??

それでも、我輩が過去に見たキャブレターに比べれば・・・まだ・・まだ、良い部類です・・

d0326610_0391278.jpg


初日以降は・・一人作業ですが・・・ジェット廻りの汚れ洗浄で・・・楽勝と思われたが

コレが・・中々・・・強敵です・・・あぁ・・やるんじゃなかった・・と、後悔しますが・・後の祭り

この間、メインジェットの分解は出来たが、パイロットジェットは外れません・・・無理すると

マイナス頭を舐めそうです・・・・・仕方なく

パイロットは・・・キャブ付で洗浄します・・・・が・・・

3~4回ほどばらして組んでも・・全く、始動する気配なし・・・・・点滴では、兆候あるので・・・

コレは・・・パイロットジェットを・・粉砕する以外手が・・なさそうです・・

d0326610_0484952.jpg


このパイロットジェットの粉砕は・・過去に何回も経験してるのですが・・・

今回は・・・意外と・・あっさり・・外れてくれました・・・ホッ・・・・・コレまでに一番楽だったかも・・

外れたジェットは・・・やっぱり・・・・穴が・・・完璧に詰まってました・・コレでは

何度組みつけても・・・始動するはずは有りませんね・・・

ちなみに、このキャブレターはダイヤフラム式の(負圧キャブ) ミクニBS28というタイプです

困ったのは・・・このパイロットジェット・・・特殊??なようで37.5#なのだが

d0326610_057133.jpg


下の新品ジェットの写真と比べて・・何かが違いますね・・・

d0326610_058434.jpg


パイロットジェットの筒の廻りに穴が開いていないのが、今回外した部品ですが

生憎・・コレと同じジェットは・・見つからず・・・こんなタイプのパイロットジェットって有ったけ??

番手が同じ37.5#でも・・排気量の割に大きすぎる気配がしたので、25#も同時購入

どちらを使うかは・・セットしてみないとわからないですね・・・

今回は、パイロットを変えるなら、ついでに腐食気味のメインジェットも新品に変えます

腐食で面が荒れていると、穴は塞がって無くても・・・

スムーズにガソリンが通過していかないと考えるからですが・・・ケチると良いことは無いと思う??

メインジェットは 110#のようでした・・・

当然ながら、新品に替えたプラグに火が飛んでいるのは、確認済みです・・・けど・・

ココまで・・やって・・エンジンが始動しないなら・・・ゴム配管パイプの接続間違いか??

あるいは・・他に原因が・・有るのか??・・・或いは、全くの見当違いかも??・・・と、色々不安になります

d0326610_116594.jpg


結果は・・・やっと・・・エンジン音を聞く事が出来ました・・・・

d0326610_1182252.jpg


結局、エンジン蘇生させるのに、キャブを6回も付けたり・・外したり・・と・・・疲れる一日でした・・・

d0326610_1195442.jpg


まだまだ、エアクリーナーBOX付けたり、カバー類付けたり・・・鬱な作業が待ってます(汗)

この、ヤマハ シグナス180は 1980年代のスクーターですので

旧車の部類ですが・・・・ピジョンと同じベルト駆動でも、ドグクラッチ機構が

無い様子で・・・エンジン停止時の押し引きは・・・異様に重い!!・・・・コレって正常??

この時代は、クラッチシューが後輪側にあるはずなので・・・重いのは、なんとなく・・・

シューのスプリングが悪さしているか、グリース不足な予感です・・・
[PR]
by popM85 | 2014-04-24 00:21 | スクーター&バイク全般 | Comments(5)
Commented by Rust Salvage at 2014-04-24 07:37 x
こんなにパイプが多いと弄りたく無くなりますね!
この頃既に排ガス対策だったのでしょうか?
Commented by popM85 at 2014-04-24 19:19
こんにちわ!!
そうですね・・・当時から排ガス対策は有った様子で
ブローバイパイプやら、負圧関連パイプやら・・で、トグロを巻いてます
不思議なもので・・何度も取り付け取り外しをすると
苦痛じゃなくなるのが・・おかしなところです(笑)
Commented by まつした at 2014-04-25 10:23 x
「苦痛じゃなくなる」と書いた途端に80年代車が千客万来だったりして。(笑)

この時代のスクーターは、旧車となったときに外装が大変そうだと思っていましたが、
機構面でも、色々と大変そうですね。

我々が普段メンテナンスしている普通?のスクーターって、
ホースなんて「燃料ホース」しか存在しません。(笑)
Commented at 2014-04-25 10:25 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by popM85 at 2014-04-26 03:30 x
苦痛じゃ無くなると書いても・・それは面倒な事には
違いないです(笑)ホースが一杯あるのは仕方ないと
諦めが肝心??
ウンチクが多い旧車バイクなどガラクタ修理徒然日記です
by popM85
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
画像一覧
最新のコメント
八さま・・・ お久..
by popM85 at 22:35
惜しさしぶりですね 元..
by 大田の八 at 07:38
DT1親爺 様 コ..
by popM85 at 18:17
おめでとうございます。生..
by DT1親爺 at 16:44
会長さま・・・ 人..
by popM85 at 05:38
人生、長い間には色々な事..
by 会長 at 02:12
太田の八さま・・・ ..
by popM85 at 21:37
おひさです サラリーマ..
by 太田の八 at 08:06
DT1親爺様・・・ ..
by popM85 at 22:43
お久しぶりです、兄も心配..
by DT1親爺 at 20:36
> ガバチョさん 当方..
by popM85 at 22:25
↑わかりました。
by ガバチョ at 21:17
はじめまして。ガバチョと..
by ガバチョ at 09:34
bata373 さま・・..
by popM85 at 07:32
こんにちは! 先日はお..
by bata373 at 11:05
外部リンク